3939な3Dプリント日記

フラッシュフォージ社製3Dプリンタ「dreamer」で製作したものを紹介。問題点や改善点の考察など。

Dreamerのノズルのメンテナンスとか

ノズルが真っ黒になってきたので清掃します。

f:id:takauvi:20170225192615j:plain

取り外しは省略します。

 

通常はフィラメントを引き抜いてからやるんですが

今回は面倒だったのでそのままノズルを回してフィラメントを捻り切ってみました。

なので、フィラメントがくっついた状態になってます。

f:id:takauvi:20170225194043j:plain

 

テフロンチューブもかなり逝ってたので交換します。

f:id:takauvi:20170225192631j:plain

 

市販のテフロンチューブを切って交換するだけです。

フラッシュフォージのオンラインストアにもありますが、3本で540円とお高い。

amazonで1m600円くらいで売ってるのでこっちがお勧めです。

 

長すぎるとノズルがはまらなくなるので

古いチューブを当てながら同じ長さにカットします。

f:id:takauvi:20170225192638j:plain

 

ノズルのやすりがけは電動ドリルのスクロールチャックにセットして回転させながら紙やすりを当てると効率が良いです。

当て木を使うことで綺麗に仕上がります。

手動だとちょっと時間がかかります。

今回は、電動ドリルを会社に置いたままだったので手動で削りましたので

イメージ図だけ貼っておきます。

f:id:takauvi:20170225195222j:plain

 

 

やすりがけしてチューブも交換したノズル。

ほぼ新品状態になりました。

ノズルの内部は真っ黒のままなのでまた今度磨いてみようと思います。

f:id:takauvi:20170225194119j:plain

 

ノズルもフラッシュフォージオンラインストアで売ってますが

1個2500円もするのでこうやって定期的にメンテナンスして使い続けます。

amazonに格安ノズルが売ってますが、形が違うのではまりません。

どうしても交換が必要なときは純正品を買いましょう。