3939な3Dプリント日記

フラッシュフォージ社製3Dプリンタ「dreamer」で製作したものを紹介。問題点や改善点の考察など。

PVAフィラメント(水溶性フィラメント)を試してみた

今回はPVAフィラメントを試してみようと思います。

PVAフィラメントの特徴は「水に溶ける」こと。

サポート材として使うのが一般的です。

 

取り扱っているメーカーが少ないですが

試しにamazonで購入しました。

☆1評価が気になりますが

1件だけの評価なんてあてにならないので突撃します。

  ←製品紹介のためリンク貼りますが、購入はお勧めしません。

 

FLASHFORGEの無料スライサーソフトFlashprintに内蔵されている2色プリントサンプルデータを使います。

PVAフィラメントの設定温度は220~240度となっているのでABSを使用します。

 

プリントした結果・・・

白がPVA

ピンクがABS

f:id:takauvi:20161113090927j:plain

PVAは隙間だらけ・・・

f:id:takauvi:20161113090930j:plain

f:id:takauvi:20161113090934j:plain

 

気を取り直して

次に、水に投入してPVAを溶かします。

水に浮くので落し蓋をしてしばらく放置します。

f:id:takauvi:20161113090937j:plain

 

ほかの方のブログ等をみると溶けるまで2,3日かかるようなので今日はここまで。

次回、途中経過と結果を載せようと思います。