3939な3Dプリント日記

フラッシュフォージ社製3Dプリンタ「dreamer」で製作したものを紹介。問題点や改善点の考察など。

フィットネスバイクを快適にする為のアイテムを製作

最近おなかの出っ張りが気になってきたので室内で運動できるようにフィットネスバイクを購入しました。

 体重的には適正なんですが。

 

脂肪を燃焼させるには短時間のキツイ運動よりも低負荷の運動を長時間続けるほうが効果があるらしい。

なんでも、運動し始めてから20分くらい経つとようやく脂肪を燃焼し始めるとか。

長時間の運動というとウォーキング、ジョギングなどが一般的ですが

ただ歩くだけ、走るだけだとつまらないのですぐ飽きます。

よほど切羽詰ってないと継続は難しいでしょう。

 

で、色々調べているとこれに辿り着いたわけです。

 このフィットネスバイクのいいところは「とても静か」なところ。

賃貸2Fでも使えるくらい。

念のため、というか床を傷つけないという目的もあって衝撃吸収マットも一緒に買いました。

私はこれを使うとき、録画したアニメを観ることにしました。

観ている間はこぎ続ける。というルールです。

前述の通り、外で歩いたり走ったりしているとすぐ飽きます。

それを解決する方法がこれ。

効果は抜群で飽きっぽい私でも続けられています。

 

ただ、CMやOP/EDは飛ばしたいのでリモコンを近くに置いておきたいのですが場所がありませんでした。

というわけでようやく本題。リモコン入れ作りました。

 

f:id:takauvi:20171108110325j:plain

 

f:id:takauvi:20171108102524j:plain

f:id:takauvi:20171108102526j:plain

 

これでこぎながらリモコン操作ができるようになりました。

 

初日は30分できつくなってストップ。

時間をおいてもう30分やって終了。足の疲労がハンパないです。

二日目、筋肉痛になるかと思っていましたがそこまでではなかったようです。

30分やっても余裕があったので60分連続でこぎ続けました。

60分時点での消費カロリーは500kと表示されていました。

1時間で500キロカロリーってかなり効率いい気がします。

実際、20分越えたあたりから汗が出てきてタオル必須って感じでした。

それでいて息切れするような負荷でもなく心肺的にはきつくないです。

慣れると2時間以上こぎ続けられそう。

 

しかし万能選手ではなかった・・・。

サドルが固い。

おしりが痛い。

なので追加でサドルカバーを購入。

専用カバーが別売りされていました。最初からつけとけ。