3939な3Dプリント日記

フラッシュフォージ社製3Dプリンタ「dreamer」で製作したものを紹介。問題点や改善点の考察など。

すりガラスに直接プリントしてみた

少し前にガラスに直接プリントするという記事を書きました。

当時は良かったのですがだんだん寒くなってきたせいか、反りがひどくなってきた感があったので「すりガラス」を試してみました。

39323939.hatenablog.com

 

ツルツルよりも表面粗くしたほうが食いつくだろうという安直な考え。

オーダーガラス.COMで早速注文。

片面だけすりガラスにしたものを2枚注文。

もしダメでも裏返して普通のガラスとして使えるように片面は未加工にしてもらいました。

 

あえて反りやすそうな形を選んでテストプリント。

一番長い部分が150mmの六角星。

ちなみにPLAです。

f:id:takauvi:20171028184435j:plain

 

まずは通常のツルツルガラスにプリント。

予想通り反ってくれました。

反ってくれないと比較できないのでよし!

(すりガラスの上に乗せて撮影しています)

f:id:takauvi:20171028184437j:plain

 

次にすりガラスに交換してプリント。

反らない。

こうか は ばつぐん だ!

f:id:takauvi:20171028184439j:plain

 

1層目はサラサラのマット調になっています。

ツルツルとマット調、どちらがいいかは意見が分かれそうですが。

 

プラットフォームは65度でプリントしています。

プリント終了直後はガチガチにくっついていて手では取れませんが、冷えると勝手に剥がれる点はそのまま受け継いでいます。

PLAでしか試していませんが

すりガラス>>未処理ガラス で確定でいいんじゃないかと思います。