3939な3Dプリント日記

フラッシュフォージ社製3Dプリンタ「dreamer」で製作したものを紹介。問題点や改善点の考察など。

PVAフィラメント(水溶性フィラメント)を試してみた⑤

PVAフィラメント(水溶性フィラメント)を試してみた

PVAフィラメント(水溶性フィラメント)を試してみた②

PVAフィラメント(水溶性フィラメント)を試してみた③

PVAフィラメント(水溶性フィラメント)を試してみた④

 

これまで4回にわたってPVAフィラメントの検証をしてきましたが

今回で最終回となります。

 

前回までのおさらい

 

実験に使用したフィラメントはこれ。

「市販のどの製品よりも素早く水に溶ける」という説明文に惹かれて購入。

しかし、120時間水に浸し続けても溶けず、少し柔らかくなる程度。

一旦検証を打ち切り詐欺商品認定しましたが

他の製品の説明を見るとPVAは水ではなく温水に溶けるということが判明。

この製品にそんな説明書きはなかったじゃないかと思いつつも熱湯で再実験をしたところ、冷水よりは変化が早かったため、もしかしたらいけるんじゃないか?

と少し期待したところまでを①~④にまとめてあります。

 

そして今回は沸騰させ続けて様子を見ることにしました。

 

実験用に新たに2種類をプリント。

PVAのみでプリントした女体像と

PLAにラインタイプのサポート材としてPVAをプリントしたもの。

f:id:takauvi:20161220103332j:plain

 

鍋に入れて沸騰させます。

f:id:takauvi:20161220103543j:plain

途中何度か水を足しながら1時間沸騰させ続けた結果

お湯の色が変化してきました。

どうやら赤PLAの色が落ちたようです。

f:id:takauvi:20161220103655j:plain

 

そこそこ柔らかくほぐれているように見えます。

赤PLAの色がPVAに移って若干ピンクになっています。

f:id:takauvi:20161220103717j:plain

f:id:takauvi:20161220103723j:plain

 

ピンセットでPVAを取り除いてみると

ここまで取れましたが、これ以上はPLAと癒着していて取れませんでした。

内部のサポート部分はピンセットが届かないので除去できず・・・。

f:id:takauvi:20161220103927j:plain

 

こちらは手でめくりました。

表面は柔らかく、このようにめくれたのですが

これ以上の分解はできませんでした。

f:id:takauvi:20161220103930j:plain

 

☆結論☆

①~④での結果と変わらず、「溶ける」ではなく「柔らかくなる」だけ。

やっぱり詐欺商品でした・・・。

 

他社製品も試してみたいのですが、また同じ結果になったらどうしようという思いもあり、ちょっと躊躇しています。

お金が有り余っていたらやるんですけどね・・・。